この辺りは侍地区と呼ばれ、店の前には鹿児島薩摩藩の参勤交代や 水俣から出水までの往来に使われた旧薩摩街道が通っており、 その昔は街道沿いに旅人達でにぎわう茶屋があったそうです。 かつての茶屋のように水俣を行き交う人々が 気軽に立ち寄れるお店でありたい。

お侍茶屋の新名物「男飯カレー」を筆頭に、いりこ出汁を使用した「いりこそば」が人気! お侍茶屋彦右衛門とは周防大島の大庄屋「藤井彦右衛門」が幕末に紀州からみかんの苗木を持ち帰り植えたのが周防大島みかんの始まりと伝わっています。

お侍茶屋さんはお食事やお土産を楽しむのはもちろん、訪れるだけで飽きないお店です

最近の投稿