ソンブレロ銀河. 更新日:2019年6月2日 [撮影データ]2019年5月7日 20時45分~ 60cmf12反射+0.77倍レデューサー sbig stl-11000m l5分×24枚、r300秒×4・g195秒×4・b300秒×4枚(2×2ビニング) ステライメージ8で画像処理

子持ち銀河・ソンブレロ銀河~令和gw一発目の冷却カメラlrgb. 投稿日時: 2019年5月8 実は今回の撮影でガイド星のピントが合わない、星像が歪、ガイド星が減ったり増えたりと不可解な現象が起きてまして色々大変でした。

撮影地:兵庫県多可郡加美町 撮影者:高原 摂竜(地球科学館) からす座のソンブレロ銀河 M104 春の南の夜空に、4つの3等星が小さな4角形に並んでいるのがからす座です。まわりに明るい星が少ないので、案外目に付きます。

典型的な渦巻銀河に見られるものとは異なる傾向です 。 おとめ座のソンブレロ銀河m104は、4600万光年と比較的近距離に位置する明るい銀河で、アマチュア天文家の観望・撮影対象としても研究者の観測対象としても人気の高い天体である。

楕円と渦巻のハイブリッド、ソンブレロ銀河に秘められた歴史(sorae そらへのポータルサイト)ラ・シヤ天文台の望遠鏡によって撮影されたソンブレロ銀河(Credit: ESO/IDA/Danish 1.5 m/R. Gendler and J.-E. Ovaldsen) 【今

関東も先日梅雨入りとなり、しばらくは星空をあきらめの状態になります。一週間前の天気が良い時に撮影した画像を今日ようやく処理できました。以前からソンブレロ銀河を撮影しようと思っていたが、テラスコートからは見えないため、1階のバルコニーにhiglasiを設置し、200mm F2.8 + 1.4X

南南東の高度40度ほどの、位置にスピカが見えて、31倍でスピカを視野に入れてから、西の方向に、赤道儀の赤経微動ツマミを回すと、小さい星が3つ並んでいて、その横に小さな楕円の光斑が少し見えて、ソンブレロ銀河m104だと分かりました。

写真で撮影してみると、M104は意外に明るい銀河です。先日のM51に比べても、中心部はずっと明るいですね。前回、meadeのシュミカセで撮影したのはすでに2年前でした(ソンブレロ銀河(顧問) – 天文はかせ入門(仮))。今回は、MT−200で撮影しました。

2012.5.21 撮影 m51 子持ち銀河 りょうけん座 周辺の星座: ngc4565 渦巻き銀河 かみのけ座 周辺の星座: m104 ソンブレロ銀河 おとめ座 周辺の星座 m101 回転花火銀河 おおぐま座 周辺の星座 ic434 馬頭星雲 オリオン座 周辺の星座: 金星が太陽面を通過

撮影したのは2年前の12月。銀河の淡い腕をかなり思い切り持ち上げて処理した。 F15の8cm屈折望遠鏡を使った完全な手動ガイドによるコリメート撮影の可能性は、十分に感じている。また、そこを引き出すことが撮影の最大の楽しみだと言える。

スピッツァーによって撮影されたソンブレロ銀河(疑似カラー)。楕円銀河(淡く広がる青)のなかに渦巻銀河の円盤(赤)が埋め込まれたような構造をしている – Yahoo!ニュース(sorae 宇宙へのポータル

楕円と渦巻のハイブリッド、ソンブレロ銀河に秘められた歴史(sorae そらへのポータルサイト)ラ・シヤ天文台の望遠鏡によって撮影されたソンブレロ銀河(Credit: ESO/IDA/Danish 1.5 m/R. Gendler and J.-E. Ovaldsen) 【今

どうも!宇宙ヤバイch中の人のキャベチです。 今回は「天の川の最高画質映像」をテーマに動画をお送りしていきます。 キャベチのツイッター(@uchuyabaich)をフォローするとブログの更新がお知らせされます! 地球から

今朝も雨。涙雨。3月20日に撮った写真から、ソンブレロです。裏庭撮影所では隣家の屋根とTVアンテナと壁に阻まれ、厳しい対象のひとつになります。撮影できる期間も限られるので1シーズンに何度も撮り直しが出来ないのが辛いところ。でも、なんだかんだ言ってても、たかだか8cmの望遠鏡で

子持ち銀河・ソンブレロ銀河~令和gw一発目の冷却カメラlrgb. 投稿日時: 2019年5月8 ナローバンド撮影だと今まではとはチョット変わった感じに仕上げられ少しは好きになれたような気がします。

M104 ソンブレロ銀河 2017 1/28 02h56m~vixen r200ss f4 コマコレ3vixen 見上げてごらん寝てる場合じゃないよ! この暗黒帯をくっきり撮りたいがためにまた撮影してしまうのでしょう。

ダークエネルギーやダークマター、ブラックホールや素粒子等々この辺の知識や、また天文に興味が無い人よりは知ってるよという方もご回答いただけたら幸いです。 グレートアトラクターについて質問します。私事ですが、最近

撮影を完了(300mmと750mmは2010年6月、616mmは2014年9月) し、 ソンブレロ銀河. おとめ座 M59,60. 銀河

撮影したのは10日前なんですが、撮りっぱなしでPCに眠っていた画像をレジスタックスにてコンポジットしてみました。 MURAMASA-60MAXI 紙筒アダプター使用しプローセル25ミリで縮小コリメート(合成F6.67) NIKON1 J1 標準ズーム10ミリF3.5 ISO6400 2分×15枚 レジスタックス6にてコンポジット 今回はJ1

長野県八千穂高原で撮影した天体写真 APS-Cデジカメ一眼レフ 1分45秒露出. M104 おとめ座銀河(ソンブレロ銀河) Meade LS-15 F6.3

前置き M104、ソンブレロ銀河は、南に低く見えていて、また小さいためにちゃんと撮影するのは難しい対象です。 WikipediaのM104の項目には、ハッブル宇宙望遠鏡によるイメージが掲載されています。 この写真のようにまでは行かないまでも、中央を貫く暗黒帯の詳細と、円盤内部の文様をすこし

4日連続撮影の4日目。今回はm104「ソンブレロ銀河」を狙いました。2019年5月25日ビクセンvc200l(焦点距離1800mm・f9) sxp赤道儀kow

1781年にピエール・メシャンが発見した銀河です。メキシコの帽子の形に似ていることから「ソンブレロ銀河」のニックネームで呼ばれています。渦巻銀河を真横から数度ほどの角度を持って眺めた恰好になっており、中央の暗黒帯が印象的です。

観測結果. 図5:(上段)ハッブル宇宙望遠鏡によるソンブレロ銀河. (下段)研究チームが今回初めて検出・撮影に成功した中心核の超高解像度vlbi電波写真

昨夜は午前0時には月が上がってくる状況でしたが遠征してきました。 先日途中で撮影中止していたm104銀河の追加撮影のためです。 現地では同じさいたまのs氏もいらしていて、その後星友のひろたろうさんも合流して3人で天文談義に有意義な一晩で

取り直したおとめ座のソンブレロ銀河です。 この対象は比較的写しやすいと思います。ソンブレロの形もよく見えています。 なんとなくカエルの口っぽいと感じるのは私だけでしょうか。 撮影データ—Optics:EdgeHD800 (f=2000mm/F=10.0) Camera:EOS 6D SEO-SP4 ,ISO 6400

「うさぎは乗っていません。」めりーのブログ一覧です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ!

空の状態が良かったので、前より撮影枚数を増やしたのですが、調整するとソンブレロ銀河の色が、分かるようになって、特徴的な暗黒帯なども、分かりやすくなりました。

ま、銀河自体を光芒で包むとゆぅのもありかと思いますが、う~ん、どぉでしょ!? ソンブレロ銀河なんてあるんやさかいに、アリかもで、ガス。テヘッ! でも、あれやねぇ、ソンブレロ銀河で天体撮影してる連中って、相当な光害と 闘ってるんやろねぇ!

もうちょっと上手に撮りたいな、固定撮影。 そして最後がこれ。 m104 ソンブレロ星雲(ソンブレロ銀河) (撮影データはほぼ同じなのだー) そう、今回の影の目標は、このソンブレロだったのだーー!!ワッショイ! 初めて撮れました。

おはようございます☀

最近の投稿