博物館運営におけるボランティア受け入れの意義と課題 大木 真徳 山梨県立博物館の評価制度から見た今後の博物館運営の課題 高橋 修 【実践研究】 美術館活動における「市民の知」のあり方と根拠

ソーシャルメディアの情報をもとに、学術文献のインパクトを測定するサイトです。

『研究紀要』 33 山梨県立考古博物館・山梨県埋蔵文化財センター p.63 熊谷晋祐 考古学的考察に基づく甲府城下町町屋構造の事例研究 ―平成28年度立会調査地点の考察から―

preface★「教育実践学研究」の発行について ★oku★附属小学校におけるインターネットの教育利用-その成果と課題- 奥山 賢一,守木 貴,石川 等,早川 健,長井 恵美,小尾 俊彦,川原 陽一,有賀 清仁(附属小学校),饗場 宏( 山梨県教育委員会県史編纂室),元木 公彦(都留市立旭

研究紀要 フォーマット: 雑誌 責任表示: 山梨県立考古博物館, 山梨県埋蔵文化財センター [編] 言語: 日本語 出版情報: [山梨県] : 山梨県立考古博物館, 1984.3-形態: 冊 ; 26cm 著者名:

1988.03 山梨県内出土縄文土器の底部圧痕について 『研究紀要』 4 山梨県立考古博物館・山梨県埋蔵文化財センター p.1 1986.04 曽利Ⅰ式大渦巻把手成立の一要因 ―一の沢西遺跡五六号土壙出土土器を通し

山梨県立富士山世界遺産センター(旧:富士ビジターセンター)は富士山の世界遺産としての価値を国内外に分かりやすく伝え、保全活動や調査研究の拠点であり観光振興にも寄与する施設「富士山世界遺産センター(旧富士ビジターセンター)」の山梨県公式サイトです。

山梨県立博物館企画展「県都甲府の500年」(2019年3月16日~5月13日)に謄写本『甲陽日記(高白斎記)』、「浅野長政画像」ほか模写多数が出陳されました。 2019/02/28: 所蔵史料目録データベースにて、特殊蒐書「三上参次関係史料」の情報を公開いたしました。

③ 研究ノート〔単著〕「王政復古期における非国教徒文学と社会~ロバート・ワイルドと出版についての一考察~」 山梨県立大学国際政策学部紀要『山梨国際研究』第11号、55~63頁、2016年3月

ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)では,瀬戸内の歴史をテーマにした通史展示や,中世の港町「草戸千軒町遺跡」の発掘調査成果の展示,江戸時代を代表する漢詩人「菅茶山」を中心とした近世文化と歴史の展示をしています。

[PDF]

⑴國學院大學 ⑵山梨県立博物館 はじめに 山梨県立博物館(中山誠二学芸課長・沓 名貴彦学芸員)と國學院大學博物館学研究 室(青木豊・内川隆志)との共同研究とし て、「魔鏡の研究」を平成22年度より実施 している。 現段階では、全国および

山梨県立博物館. 西日本新聞社. 9 雑誌 栃木県立博物館研究紀要. 自然 = Bulletin of the Tochigi Prefectural Museum. Natural history.

山梨県立博物館 専門スタッフ 森原明廣(考古学、学芸課長)網倉邦生(考古学)丸尾依子(民俗学)近藤暁子(美術工芸)松田美沙子(美術工芸)海老沼真治(古代・中世)小畑茂雄(近現代)中野賢治(歴史)西願麻以(保存科学)過去

山梨大学教育学部 教育実践研究指導センター研究紀要のインデクスへ 最初にこのページを公開したのは1997年12月20日です。 最後にこのページを更新したのは1998年2月2日です。

甲府市、北杜市などを訪れている。その時に国から出された文書で、これから明治天皇がそちらに向かうということを伝えた文書はないか。「山梨県立博物館研究紀要」第8集に大正天皇行幸の文書が載っていたので、同じような内容のものがあれば見たい。

yamanashi design archiveは、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形・模様や、山梨の自然から得られるマテリアルの色彩、今に伝わる昔話・伝説を、産業が使用することのできるデザインソースとしてデジタル化し配信する山梨県のプロジェクトです。

「強気の信玄―醍醐寺理性院への返書」『よみがえる武田信玄の世界』 2006年3月 山梨県立博物館 「武田信玄の自筆文書を読む」『川中島の戦い』 2004年4月 長野市立博物館 「武田信玄の自筆文書をめぐって」『山梨県史研究』12 2004年3月

海老沼真治「群馬県安中市 真下家文書の紹介と若干の考察―武田氏・山本氏関係文書―」 (『山梨県立博物館研究紀要』3集) 大薮海「高野山成慶院『伊勢国日牌月牌帳』の翻刻と解題」 (『三重県史研究

F309-170-0.4 研究紀要11 当店では rupan2009bird、及び rupan2009bird_2 にて出品しています(同梱可能です)。 この下に大きな写真を掲載していますが、画像が表示されない場合はブラウザの リロードをお願い致します。お手数をお掛けしまして申し訳ございません。

商品名: 山梨県立考古博物館 研究紀要4 1987年: 状態ランク 【並】 ほぼ新品:使用感がなく新古品同等のもの 良:わずかに使用感がみられるキレイな状態のもの 並:多少の傷、汚れ、経年劣化がみられる一般的な中古状態のもの 可:傷、汚れ、経年劣化などの瑕疵があるもの

2001「黒曜石原産地と石材の搬入・搬出-丘の公園第2遺跡の原産地推定から-」山梨県立考古博物館・山梨県埋蔵文化財センター研究紀要17号29~40頁(共著) 2003「本州島中部の様相-東海地方の隆帯文土器と列島南岸-」季刊考古学83号55~58頁(単著)

山梨県立美術館研究紀要 第26・27号/ / アルテリア ¥2,200. 著者 山梨県立美術館/ 出版社 山梨県立美術館/ 刊行年 2013; ページ数 45 with monochro. illus. サイズ

2020.03.19 博 美 【中止】3月25日の三線調査会は中止となります 2020.03.19 博 美 「情報センター」の利用を3月24日から再開します

17世紀後半の甲斐国巨摩郡村々の戸口(増穂町大久保勝徳家文書・同町伊藤清麿家文書・山梨県立博物館寄託南アルプス市市川敬三家文書・南アルプス市藤巻惇家文書・同市北村清巳家文書の各年の宗門人別

11 図書 山梨県立博物館企画展 山梨県立博物館 6 図書 重要文化財法然上人絵伝修理報告書 : 「法然上人絵伝(山梨県立博物館蔵)を中心とした等力山万福寺関係資料に関する研究」報告書

※ 所蔵巻号の詳細につきましては、各雑誌名をクリックしてご確認ください。 ※ 「雑誌一般」とは、所蔵する全雑誌のうち、「郷土雑誌」および「外国語雑誌」を除いた雑誌です。 ※ 「雑誌一般」リストは「分類」見出しをクリックすることで、分類順に並べ替えられます。

[PDF]

わるニホンオオカミ頭骨をめぐって―,山梨県立博物館 研究紀要,2,11h26(2008)].ニホンオオカミの形態 計測を行う際,注意しなければならない点は,犬との区 別である.ニホンオオカミ骨の形態的研究の多くが,犬

和歌山県立博物館研究紀要 資料種別: 雑誌 責任表示: 和歌山県立博物館 [編集] 言語: 日本語 出版情報: 和歌山 : 和歌山県立博物館, 1996.3-形態: 冊 ; 26-30cm 著者名: 和歌山県立博物館 巻次(年次): No. 1 (1996.3)-書誌ID: AN10552292 ISSN: 13423509

山梨県立考古博物館 [編集] 山梨県立考古博物館(やまなしけんりつこうこはくぶつかん)は曽根丘陵公園内にある博物館。1982年(昭和57年)に開館 。歴代館長に磯貝正義、大塚初重、渡辺誠らがいる。 展示室は常設展示室・特別展示室の2つ。

釧路市河家文書 []. 北海道釧路市の子孫家に伝来した91点で、2009年(平成21年)に山梨県立博物館が収蔵。 底本は西川広平「山梨県立博物館所蔵「市河家文書」について」『山梨県立博物館研究紀要 第4

[PDF]

370 Vespertilio sinensisの越冬事例.埼玉県立自然の博物館研究報告,(6):53-58. 相良直彦(2009)ミズラモグラ未離巣幼獣の初観察と飼育条件下への持ち込み.哺乳類科学,49(1):45-52.

数野雅彦「山梨の食文化を記録した歴史資料について」 植月学・宮澤富美恵「甲州における幕末・明治期の海産物消費動向-大久保黄斎『世事記』の分析から-」『山梨県立博物館 研究紀要 第5集』山梨県立博物館

※ 所蔵巻号の詳細につきましては、各雑誌名をクリックしてご確認ください。 ※ 「雑誌一般」とは、所蔵する全雑誌のうち、「郷土雑誌」および「外国語雑誌」を除いた雑誌です。 ※ 「雑誌一般」リストは「雑誌名」見出しをクリックすることで、タイトル五十音順に並べ替えられます。

文化人類学コース院生会(Graduate Students Council of Anthropology)ウェブサイトは東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻文化人類学コースの大学院生によって運営されています。院生の研究紹介、研究会情報を掲載しています。

中山誠二. 韓国安山大阜北洞遺跡における新石器時代中期の植物圧痕. 『日韓における雑穀農耕の起源』平成22~25年度日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究B『日韓内陸盆地における雑穀農耕の起源に関する科学的研究』報告書 山梨県立博物館, 2014.03

長野県立歴史館研究紀要 7 電子ジャーナル 山梨県立美術館研究紀要 = Bulletin of Yamanashi Prefectural Museum of Art. 3 雑誌 新潟県立歴史博物館研究紀要 = Bulletin of the Niigata Prefectural Museum of History.

刊行年 : 平7

外山秀一他7名. 韓国内における雑穀農耕起源の探求 山梨県立博物館研究紀要 第7集. 2013.03; 1~21. 外山 秀一. 学界展望-歴史地理先史・古代 「人文地理」第64巻3号(人文地理学会). 2012.06; 56~58. 外

宮崎県立西都原考古博物館 Saitobaru Archaeological Museum of Miyazaki Prefecture. 入場無料です。開館時間:9:30~17:30(令和2年4月1日より)

研究者「柴 裕之」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またjst内外の良質なコンテンツへ案内いたします。

この本を借りた人は、こんな本も借りています

同「甲斐国湖水伝説の成立について」(『山梨県立博物館研究紀要』8、2014年)。 同「戦国期の地域寺社における井堰築造と地域景観―甲斐国 窪八幡神社を対象にして―」(『紀要』史学31、中央大学文学部、2018年)。

植月学『オオカミがいた山 消えたニホンオオカミの謎に迫る』山梨県立博物館、2007年; 植月学「甲州周辺における狼信仰-笛吹市御坂町に伝わるニホンオオカミ頭骨をめぐって-」『山梨県立博物館 研究紀要』山梨県立博物館、2008年

研究紀要 フォーマット: 雑誌 責任表示: 山梨県立教育研修所 言語: 日本語 出版情報: 甲府 : 山梨県立教育研修所, 1949-1956 著者名: 山梨県立教育研修所 巻次(年次): 1集 (昭24.10)-31集4 (昭31) 継続後誌: 研究報告書 / 山梨県立教育研修所 書誌id: an00244691

山梨県立博物館研究紀要 第7集 2013, 田沢湖のクニマス漁業と孵化・移植事業ー三浦家資料の分析ー(植月学 三浦久 高橋修) 秋田魁新報社「どっぷり雄物川紀行 厳寒編」

30) 坂口浩之「美濃地方の御物石器の資料紹介」『岐阜県博物館調査研究報告』 20. 31) 李 映福「長江デルタ地帯における新石器時代文化集団の移動及び縄文文化へのその影響」『研究紀要』 15 山梨県立考古博物館・山梨県埋蔵文化財センター

1 雑誌 和歌山県立博物館研究紀要 和歌山県立博物館 7 雑誌 群馬県立歴史博物館紀要 = Bulletin of the Gunma Prefectural Museum of History

収蔵資料の調査研究目的での閲覧、 刊行物への掲載に使用します。 新潟県立歴史博物館 〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2 TEL:0258-47-6130 FAX:0258-47

『研究紀要』33号)、「山梨県笛吹 市平林2号墳出土資料の再検討」 (山梨県立考古博物館・埋蔵文化財 センターー『研究紀要』35)など。 末木 健(すえき・たけし)氏 1947年生れ。山梨県出身。明治大 学文学部考古学専攻卒業。山梨県

新潟県立歴史博物館 – 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2, Nagaoka, Niigata 940-2035 – Rated 4.6 based on 15 Reviews “Great museum. Stunning artefacts. Lovely staff. Need to

最近の投稿