令和2年度税制改正では、投資や賃上げを一層後押しす る観点から、以下の措置を採ることとされている。 (ア)特定税額控除規定の不適用措置の見直し 平成30年度税制改正において、内部留保の活用を促す観点から、収益が拡大している

税と経営の専門紙「週刊 税のしるべ」の電子版。平成21年以降の主なニュース記事などが検索・閲覧でき、本紙と同じ体裁でペラペラめくれる電子ブック形式での閲覧も可能。税制改正の内容や国税庁の動きを素早くお届けします。スマートフォンなどにも対応。

なお、平成30年度税制改正で創設された「コネクテッド・インダストリーズ税制(IoT税制)」は、所要の経過措置を講じたうえで予定していた終期を一年前倒し、令和2年3月31日をもって廃止することとさ

9月2日、財務省ホームページ上に、各府省庁の令和2年度税制改正要望事項がアップされました。 あくまで要望事項なので、もちろんこれが全部実現するわけではありませんが、どんな要望を挙げているのか、要望事項の「項目名」のところ

[PDF]

平成22年度税制改正の概要 平成22年度税制改正においては、「公平」、「透明」、「納得」の原則の下、税 制全般にわたる改革の第一歩として、次のとおり各般の税目にわたる所要の措 置が一体として講じられる。 (個人所得課税)

令和元年12月12日に、与党(自由民主党・公明党)による「令和2年度税制改正大綱」が公表されました。本ニュースレターにおいては、大綱で明らかにされた、主要な改正・見直し事項の概要を説明します。

米国時間2018年12月13日、米国財務省は2017年税制改正に伴い導入されたbeat(税源浸食濫用防止税)に関する財務省規則案を公表しました。beatは、これまで複数の実務的論点が不明確なままであることが指摘されていました。

平成26年度厚生労働省関係税制改正について (厚生労働省ホームページ内「報道発表資料」より) 平成26年度厚生労働省税制改正要望について (厚生労働省ホームページ内「報道発表資料」より) 平成26年度厚生労働省税制改正に関する要望の募集について

予算. 令和2年度(2020年度) 令和元年度(2019年度) ※過去の予算については、国立国会図書館のインターネット資料収集保存事業(warp)によりアーカイブされている過去の文部科学省ホームページを

平成30年3月31日以前に開始された事業年度における「所得拡大促進税制」の適用制度については、以下をご覧ください。 賃上げ・生産性向上のための税制 (経済産業省のウェブサイト) パンフレット「所得拡大促進税制のご利用の手引き」 (pdf形式/913kb)

「令和2年度税制改正(案)のポイント」を公表(財務省) 公開日:2020年2月03日. 財務省から、「令和2年度税制改正(案)のポイント(令和2年1月)」が公表されました(令和2年1月31日公表)。

年度別税制改正 税制改正-令和2年度 税制改正-平成31年度 税制改正-平成30年度 年度別topics topic-平成30年度 topic-平成29年度 topic-平成28年度 資料集 ①収益認識 ②事業承継税制(贈与税・相続税) ③軽減税率(消費税) ④適格請求書等保存方式(消費税) 会計基準 税金

財務省 北海道財務局 [所在地・案内図] 〒060-8579 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎 10,11階 電話:011-709-2311(代表) Fax:011-709-2196 北海道財務局ホームページに関するご意見・ご要望は

財務省は2020年度の税制改正大綱に企業の税務手続きに関して、ペーパーレス化(電子化)を推進するための改正方針を盛り込むことを発表しました。 税制は普及するクラウド上の会計サービスへの対応が後手に回っていた。

財務省の意見を聞かないと具体的な法案作成はできないからです。 12月の半ばには、与党による「税制改正大綱」が発表されます。マスコミに大きく取り上げられるので、この時点で翌年の税制改正の主な内容を知ることができます。

日本商工会議所 税制改正要望と改正結果 >日本商工会議所トップページ -毎年の税制改正に向けての日商の要望内容と実際に改正された内容を

府省庁の要望は財務省や与党等による検討を経て、12月頃には与党税制改正大綱が、それを受けて政府税制改正大綱が決定され、法案が令和2年の通常国会で審議されることとなります。 確定拠出年金関連改正要望 特別法人税の撤廃(または凍結延長)要望

これを受け、これまでの与党の税制調査会と政府の税制調査会の機能を一元化し、政府の責任の下で税制改正の議論を行うために、財務大臣を会長とし、政治家から構成される「税制調査会」が政府に新し

財務省は20年度改正で税率を5%上げ25%とする必要性を訴えているが、先行き不透明な世界経済を背景に、与党内には株式市場の安定化をめぐっ

「令和2年度経済産業関係税制改正」等に関する説明会を中止します ※本説明会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止と、来場される方々の健康と安全に配慮し、開催を中止致します。

財務省は5月30日、平成25年度税制改正について、立法ミスがあったという記者会見を開きました。バリアフリー税制の適用限度額を改正する際のミスです。

Mar 20, 2020 · 令和2年度税制改正では、未婚のひとり親に対する税制上の措置及び寡婦(寡夫)控除の見直し、企業年金・個人年金制度等の見直しなどが実施される予定です。 詳しくは、こちらをご覧ください。 <「令和2年度税制改正(案)のポイント」(令和2年1月)>

主要な改正項目のうち、中小企業や個人の方の業務へ影響を与える改正において、適用時期や改正内容の概要を掲載いたします。 なお、各改正内容の詳細につきましては、財務省ホームページより「 平成30年度税制改正 」をご参照ください。

経済インサイド 2020年度の与党税制改正大綱に、企業の過度な節税対策に歯止めをかける措置が盛り込まれた。ソフトバンクグループ(SBG)が

【毎年の税制改正の流れ】 例年8月末までに各府省庁から国税は財務省、地方税は総務省に改正要望が提出され、内閣総理大臣の諮問機関である政府の「税制調査会」が中長期的な提言を11月頃に行います。

税制改正大綱に盛り込まれた税制支援措置(経済産業省関係)や、政府予算案に盛り込まれた支援施策などについて説明いたします。 令和2年度経済産業省関連予算案等の概要 [経済産業省サイト内] 開催案内

平成30年度税制改正法案全文(pdf)及び改正法案による条文. 平成30年度税制改正法案は財務省ホームページから入手できます。 平成30年度税制改正法案(財務省hp版) 所得税法等の一部を改正する法律案(全pdf結合・主な項目のしおり付)

20年度税制改正 内部留保にメス 大企業の法人税軽減厳格化 – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

8月:省庁が財務省主税局に要望を提出. 8月末までに、各省庁が財務省主税局に税制改正の要望を提出します。この時期に税の仕組みが変わるという報道が出たら、この要望の内容を伝えている場合が多いで

タバコ税率の大幅引き上げ(1箱千円タバコに向け)及びタバコ対策費への充当、たばこ事業法の改廃、及びタバコ規制法の制定について (平成25年度財務省税制改正要望に関する意見)

平成25年度税制改正の解説(財務省) 財務省は、平成25年度. 税制改正の解説を公表した。 現在掲載されている解説は、平成25年度. 税制改正の一部(主に平成25年4月1日施行分。暫定版)であり、全体版(完成版)については、追って掲載する予定とのこと。

[PDF]

平成29年税制改正において、現地に事業所等がない場合は合算対象となる改正がなされたが、実質 的に現地で事業(保険)を営んでいると認められる場合には、競争上不利にならないよう合算課税の対象から 除外される措置がなされているところ。

「令和2年度経済産業省関係税制改正について」 13:30~14:50 経済産業省 経済産業政策局 企業行動課 担当官 中小企業庁 事業環境部 財務課 担当官 「日本経済の現状と先行き」15:00~16:00 経済産業省 経済産業政策局 調査課 担当官. 場所

四日市法人会員向けに作成、概要につき詳細は専門家にご確認ください。 Pdfとの 表示がある場合は、 開くまでに少し時間がかかります。: リンク先のプライバシーポリシーや各種規約については関知せず、一切の責任を負いなせん

財務省のホームページに、平成26年度税制改正をわかりやすく解説したパンフレットが掲載されました。 平成26年度税制改正パンフレットの内容 法人課税 (1)法人税 ①所得・消費の拡大 ・所得拡大促進

[PDF]

このことは、財務省平成23 年度政策評価実施計画においても「平成22 年度及び平成23 年度税制改正大綱において、「将来に向かってたばこ事業のあり方について新たな枠組 みの構築を目指すこととします」」と明記されています。

このことは、財務省平成23年度政策評価実施計画においても「平成22年度及び平成23年度税制改正大綱において、「将来に向かってたばこ事業のあり方について新たな枠組みの構築を目指すこととします」」と明記されています。

非居住者債券所得非課税制度(j-biem)とは、外国投資家が受ける振替公社債の利子を非課税とする制度であり、平成 22年度税制改正において、3年間の時限措置として、振替社債が対象債券に追加されているところであるが、平成 25年度税制改正において

財務省は5月30日、平成25年度税制改正について、立法ミスがあったという記者会見を開きました。バリアフリー税制の適用限度額を改正する際のミスです。

財務省は平成30年2月、「平成30年度税制改正(案)のポイント」を公表しました。 &bsp; 「平成30年度税制改正(案)のポイント」(平成30年2月発行) &bsp; このパンフレットは

財務省は、平成29年度税制改正大綱が12月22日に閣議決定されたことを公表しました。 閣議決定された「平成29年度税制改正大綱」の概要は下記のとおりです。 なお、詳細については、「財務省ホームページ(税制)」を参照ください。

財務省は、平成28年度税制改正大綱が12月24日に閣議決定されたことを公表しましたので、 財務省ホームページにて記載されている内容を下記ご案内致します。 平成28年度税制改正の大綱の概要(平成27年12月24日 閣議決定)

また、平成30年度税制改正において、居住用財産の買換特例(租税特別措置法第36条の2)について、買換資産が非耐火既存住宅である場合の要件に、経過年数等要件(築25年以内又は耐震基準適合証明書等の提出)が追加されました(租税特別措置法施行令第24条の2)。

財務省の政策広報誌「ファイナンス(令和2年2月号)」で「令和2年度税制改正(国税)について」が公表されました(2020年

平成26年7月7日(月)、財務省ホームページで「「平成26年度税制改正の解説」を掲載しました」が公表されました。 公表された「平成26年度税制改正の解説」(1,150ページの冊子)の内容(目次)は、以下のとおりです。 (1) 平成2

③ 財務省(国税)と総務省(地方税)が大綱を基に「税制改正法案」を作成し、1-2月頃に国会提出. ④ 衆議院・参議院での審議・採択を経て、3月中に「改正法」が成立・公布され、4月1日から施行(所得税などの暦年課税は1月1日まで遡って適用)

財務省は、「所得税法等の一部を改正する法律案」を国会に提出しました。持続的な経済成長の実現に向け、オープンイノベーションの促進に係る税制上の措置や連結納税制度の抜本的な見直しを行うとともに、経済社会の構造変化を踏まえ、全てのひとり親家庭の子どもに対する公平な税制の

平成29年10月20日「平成30年度税制改正の動向に関する勉強会~財務省・総務省・経済産業省・中小企業庁の担当官と語る~」(東京税理士会共催)を開催 – 東京税理士政治連盟は、「税理士の果たすべき社会的役割を踏まえ、納税者のための民主的な税理士制度並びに租税制度を確立するため

最近の投稿