新聞10月には『サンデー毎日』、11月には「週刊朝日」。しかも、いずれも前編集長が就任してから2年もたたないうちの交代劇である。」 とありました。そうか、『週刊朝日』も『サンデー毎日』も去年の秋に編集長が変わって、編集方針を変えたんだ。

今年に入って編集長が交代したのもそういう状況の打開を図ったからだろう。そういう危機感を抱いていた『週刊新潮』にとっては、『週刊文春』がそんな手段で情報を得ていたというのは、到底許される

「週刊新潮」は事件や政界を絡めた独自の切り口で芸能を積極的に扱い始めており、「週刊文春」も『長嶋一家骨肉の争い』のような骨太の

連載をしている以上、高橋氏の背後には、執筆を後押しする「週刊新潮」の存在がある。 同誌は2009年、朝日新聞阪神支局襲撃事件の実行犯を名乗る男性の手記を載せ、後に嘘であることが分かるという大誤報事件に発展。編集長が交代した。

その相手は「週刊新潮」のデスクだったことが、「週刊文春」の取材で分かった。 社会部記者が解説する。 「東京拘置所にいる彼女は2015年3月に60代の不動産会社勤務の支援者男性と最初の結婚。

事件後、社長と編集長が交代し、同様のメッセージが誌面に載ったのが、ついこの間のことだからだ。実は、突然の社長辞任と編集長更迭を受けて先に行われたのは中継ぎの人事だった。その後、最近になって社長と編集長が新たに決まったのだ。

ゴミライター(東京アウトローズ奥村順一編集長命名:平成20年9月17日記事他)山岡俊介氏から仕掛けてきた仮処分決戦では、佐藤昇が完膚なきまでの勝利を得て、佐藤昇は日本仮王者になった(負犬山

↓人気ブログランキングに参加しています。郷に入っては郷に従えクリック応援よろしくお願いします。日本に害を与えるマスゴミ人の名簿国民が知らない反日の実態よりht

小学館が運営する総合ニュースサイト。『週刊ポスト』『女性セブン』の最新号記事を中心に、政治・経済から芸能・スポーツまで、スクープ満載でお届け。

日刊ゲンダイの公式サイト。「情報の総合デパート」として、気になるニュースの真相から絶対に役立つ実用ネタまで、「知りたい!」に

乙武&ホリエモン、週刊文春の不倫報道バッサリ 編集長の弁明は「ダサい」 高田文夫、たけしの大活躍に感慨 “文春砲”の意外な側面を指摘「戦後70年の喜劇史」 東国原英夫、sns発達で「1億総記者化」 “文春砲”取材力にも言及

Apr 19, 2019 · 4/20、毎土お昼は→花田紀凱『月刊Hanada』編集長の「週刊誌欠席裁判」※後半はニコ生へ|ちょっと右より・・・のライブ

違反内容は明らかにされていないが、女性記者へのセクハラ行為が原因とされる。伝統の「週朝」が、わずか1年で2代続けて編集長が交代するという前代未聞の事態に直面している。 小境氏の問題は、9日発売の週刊文春と週刊新潮が報じた。

Nov 28, 2014 · 出版業界で週刊文春と週刊新潮の記事の論調の違いは、わかっていて当然とされています。しかし、普通に生活していたらわかりませんよね。 そこで、今回実際に比較読みしました。そこからわかった、「同じテーマをどのように書いているのか?」を、事例と一緒に紹介します。

週刊新潮の19万部、週刊現代の20万部、週刊ポストの19万部に比べたら健闘しているが、年々、細々くなる週刊誌全体の中で、文春だけの一人勝ちというわけにはいかなくなったようだ。 「18年7月に週刊文春編集長が新谷氏から加藤晃彦氏に交代、新谷氏

週刊文春の新谷編集長が退任 新設の週刊文春編集局長へ 後任には「週刊文春」特集班デスクの加藤晃彦氏が就任する 文藝春秋「週刊文春」の新谷学編集長が7月19日号(7月12日発売)で、退任を発表するこ

もともと「新潮45」は保守色の強い雑誌だったが、それが2016年9月号から現在の若杉良作編集長に交代してからはさらに“ネトウヨ雑誌”化していると指摘されてきた。

宮内庁は,「週刊新潮」12月14日号33ページに掲載された記事について,週刊新潮編集部に下記の内容を伝え,抗議をしました。 記 「週刊新潮」12月14日号33ページにおいて,ある官邸関係者の打ち明け

同誌編集長の酒井逸史氏に 「SMAP解散」情報リークの真相――「週刊新潮」編集長に聞く(1) – Ameba News [アメーバニュース] Ameba新規登録(無料)

熊本大地震発生から3週間。今も震度4クラスの余震が頻発しているが、安倍首相といえばゴールデンウイークに被災者そっちのけで欧州を歴訪、相変わらず震災に対する冷淡な姿勢を見せつけている。 本サイトでは震災発生以降、安倍政権のあまりにお粗末な対応を一貫して指摘、批判してきた。

実際、2015年に『週刊ポスト』(小学館)が、高市早苗総務相の実弟が『不透明融資』に関わったとする記事を掲載すると、実弟から民事、刑事で告訴され、三井直也編集長は就任わずか1年で交代させられています」(前出・デスク)

↑ 新潮45 編集長から 新潮45 2016年9月号 新潮社公式サイト内 ↑ “「新しい名前と誌風で再出発を」新潮45休刊で竹内洋・関西大東京センター長”. 産業経済新聞社 (2018年9月25日). . 2018閲覧. ↑ “編集長が「暴走」し誌面過激化 新潮45の常連筆者指摘”.

「週刊文春」が「週刊新潮」の中吊り広告を盗み見して「スクープ泥棒」を繰り返したとする新潮(5月25日号)の告発に対し、文春側は疑惑を

深刻なのは、週刊プレイボーイと週刊大衆がついに大台の10万部を割り込み、9万部台に落ち込んだことだ。さらに週刊朝日とフラッシュは8万部台

日本に害を与えるマスゴミ人の名簿 西川京子議員が語る 真実の報道をしない今のメディア 暴走するメディア関係者たちへの制裁として、実名と過去の醜態をここにリスト化します。 このページには、記者

ニセ赤報隊実名手記事件 ニセ赤報隊実名手記事件の概要 目次1 経緯1.1 ‘実名手記’の連載1.2 各社の反応と新潮社の対応2 脚注3 関連項目経緯‘実名手記’の連載『週刊新潮』2009年2月5日号(1月29日発売)から4回の連載として、「実名告白手記

週刊新潮が「実行犯」を名乗る島村征憲氏(65)の手記を掲載した問題で、 同誌の早川清編集長は15日、毎日新聞の取材に「裏付け取材が甘く、島村氏のうそを見抜けなかった」と誤報を認めた。 しかし、自身の責任問題には言及しなかった。

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。 安倍総理大臣の側近中の側近といわれる 北村滋内閣情報官 が何かと話題です。 2018年7月にベトナムにて北朝鮮との接触を極秘裏に行っていたとして話題になった際にも北村滋内閣情報官の名前が上がりました。

新谷編集長が交代したこともある。雑誌は編集長のものだから、同じ雑誌でも編集長が替われば中身も変わる。それに、あれほどスクープを放ったにもかかわらず、部数は減り続けている」 ・「現代と『週刊ポスト』は元々、木曜日校了で月曜日発売のため

宮内庁の山本信一郎長官は14日の定例会見で、天皇陛下が自身の退位の儀式について「できるだけ簡素になさりたいお考え」だと明かした。外国

‘Youtubeチャンネル Yちゅーばー 4/13、毎土お昼は→花田紀凱『月刊Hanada』編集長の「週刊誌欠席裁判」※後半はニコ生へ|ちょっと右より・・・のライブ ストリームの動画情報をお知らせします。 youtuberやYoutube(ユーチューブ)のチャンネル動画情報を速報するサイト!

いまでは信じがたいが、三井編集長が就任してからの「週刊ポスト」は、それまでの軟派路線とはうって変わって反安倍政権の姿勢を鮮明にし、前述した菅官房長官の3000万円迂回献金疑惑など、毎号のように政権批判が特集されていた。

矢野・週刊新潮・早瀬編集長に33万円の賠償金の支払いを命じたが、その一方で、谷川が矢野を脅迫した事実は認定された。 双方が判決を不服として、東京高裁に控訴。 2011年4月 谷川・矢野二審裁判の裁判長が交代。和解勧告の流れへ。

その後「calcio2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、jリーグや日本代表をはじめ、w杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。 週刊新潮web取材班編集. 2020年1月11日 掲載

週刊誌『週刊文春』の新谷学編集長が18日、同誌の公式サイトを通じ、週刊誌『週刊新潮』の告発記事についてコメントを発表した。 『週刊新潮』は18日発売号で「『文春砲』汚れた銃弾!!」と題し、13ページにわたって大特集。

週刊新潮の文春パクリを突き止める調査取材がスゴイ!流出ルート解明に1年以上追跡、コピーの現場を押さえる 文春の編集長の言うように他社の動向をしるくらいしか出来ない

『AneCan』 福田葉子編集長「情報は早ければ早いほど役立ちます」 0 安藤貴之編集長「デザイン性の高いリリースには自然と目がとまります」 0 雑誌『東京人』、最近のヒット企画は「中野を楽しむ本」 0 小学館『サライ』小坂眞吾編集長「市場調査や意識調査は企画の参考になります」 0

^ 「週刊新潮」編集長交代へ「若返り図るため」2009.3.18 (asahi.com) ^ 「新潮、抗議男性と金銭和解――朝日新聞襲撃手記 誤報 事実上認める」」『朝日新聞』2009年3月20日付朝刊、第13版、第39面

新潮社 週刊新潮. 文学ムック『たべるのがおそい』編集長を務める作家・西崎憲の連載がスタート [リリース](日本の小説・詩集) 2018/06/14 10 「超高速! 参勤交代

発端は『週刊新潮』8月 11 ・ 18 日号。「侍女長がノイローゼで出勤不能 秋篠宮家『紀子妃殿下』氷のごときミーティング」。昨年十一月の侍女長退任について、紀子妃が厳しく接しすぎたのが一因ではという見方があることを書いたものだ。

在日中国人数は近く100万人時代を迎えるといわれ、その中身も多くの日本人が抱くイメージとはかけ離れつつある。彼らは日本の社会や企業にどんな影響を与えるのか。日本で最も成功した新華僑と言われる、医薬品開発業務受託機関の国内最大手、EPSホールディングスの厳浩会長に聞く。

最近の投稿