長尾氏は桓武平氏の一族で、相模国鎌倉郡長尾郷(横浜市戸塚区)を名字の地とし、三浦氏や梶原氏、鎌倉氏、大庭氏、などが同族です。後三年合戦に活躍した鎌倉権五郎景正や、源頼朝に仕えた梶原政景らは一族

長尾家は鎌倉氏の一族または相模国の古代豪族の末流といわれている。鎌倉景明の子の景弘が相模国鎌倉郡長尾に住んだことから長尾次郎を名乗る。坂東八平氏に数えられる。鎌倉時代に関東に入部した上杉氏

navigation; Index; 最近の更新; Randompage; tool; リンク元; 関連ページの更新状況; 特別ページ; 印刷用バージョン; この版への固定リンク

名称:長尾五輪塔 伝承など:長尾大隅守元高一族の墓 所在地:香川県仲多度郡まんのう町長尾 佐岡寺の一角 まんのう町長尾の中心地と近くの佐岡と言う字には、長尾大隅守元高一族の墓と伝承される古い五輪塔がある。 長尾氏は南北朝時代に細川氏に従って讃岐に入り、そのまま細川氏の

地名を冠し長尾新九郎景村と名す。今から約900年前の事。其の後長尾氏は平家に組した為に平家の壇ノ浦の合戦と共に長尾氏一族も没落。鎌倉時代は三浦氏の家来となりかすみの事く長尾氏一族は生きて来たものと想われます。

恐らく与太郎は上野国勝田氏一族総領の地位を嗣いだものだろう。これによって、長尾氏は勝田氏の一族を傘下に納め、勝田氏としても長尾氏との関係を強めることで立場の安定化・向上を計ったものと見

毘沙門天の生まれ変わり?と信じてしまうほど、 上杉謙信は戦国最強ともいわれている武将 です。 そんな最強の武将と呼ばれるようになるには幼少期に受けた教育や毘沙門天の信仰が影響しています。川中島の戦いの武田信玄や織田信長と戦った上杉謙信について、生い立ちから戦績を解説し

波多野氏の一族松田氏の本貫地。後北条氏筆頭家老としても知られています。 松田城. 真鶴町 湯河原の隣、真鶴半島を擁するリゾートの町。 荒井城. 南足柄市 足柄峠の東麓一帯に広がる市です。 足柄城 阿弥

長尾氏累代の墓(渋川市指定史跡) 空恵寺の本堂脇から裏山を登ると苔むした17基の宝篋印塔があり、そのうち幾基かをのぞき白井城主長尾氏累代の墓といわれています。

関東管領(上杉氏)と鎌倉公方(足利氏)の争い(享徳の乱 1455~)や、上杉家の内紛・謀反が起こり、群馬はその舞台となる。 白井長尾氏(渋川市)と総社長尾氏(前橋市)は、上杉家の家老をつとめる重臣一族で、大きな権力を持っていた。

|平良文の子孫|三浦氏の発祥|千葉氏の一族|掲示板へ| 1,三浦氏の発祥 三浦氏は千葉氏や大庭氏、梶原氏などと同じく、村岡五郎平良文が遠祖とされている相模国三浦郡三浦郷発祥の豪族である。

発生. 長尾氏は桓武平氏の流れを汲む鎌倉氏の一族である。 鎌倉氏自体が、相模の古代 豪族の末流だとする説も有力だが、長尾氏が鎌倉氏一門の古い一族であることは確かである。 長尾の家名は、鎌倉景明の息子で大庭景宗の弟である景弘が、相模国 鎌倉郡長尾庄(ながおのしょう、現在の

以後、上田長尾氏は守護代長尾氏と並んで越後の国に重きをなし、坂戸城は越後と関東を結ぶ交通路の抑えとして重要な位置を占めました。 坂戸城の歴史. 1512年、長尾房長が、本格的に坂戸城を築城しま

上杉氏・長尾氏の歴史。 45さんも書いていますが。 上杉氏は、藤原氏庶流で鎌倉時代、関東へ下ったのがその源流。 長尾氏は、桓武平氏出身で上杉氏の被官となり、代々その家宰・守護代を務める 家柄とな

その後、越後守護・上杉氏の重臣である飯沼氏の居城となりました。 永正4年(1507年)に、越後守護代・ 長尾為景 と越後守護・上杉房能が争った永正の乱では、長尾為景が本与板城を攻めて飯沼頼清は没落しました。 そして、長尾氏の家臣・直江実網(直江景綱)が本与板城に入っています。

Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 長尾氏の意味・解説 > 長尾氏に関連した英語例文 例文検索の条件設定 「カテゴリ」「情報源」を複数指定しての検索が可能になりました。

[PDF]

由緒や系図によれば「長尾氏一族 で、武蔵国鴻巣に住んでいた。深井 a 太左衛門正真の時、松平信興(天桂院) に士官し、信興死後はその養子松平輝 貞に仕え350石まで昇進した。 次の正武の時、主家とともに高崎に移 り住み、以降高崎藩松平(大河内)家家

毛利氏発祥の地、神奈川県厚木市を訪ねて

北条氏は景茂のいない長尾城を攻め、留守をしていた景忠をとらえて、長尾氏は滅亡。 長尾城は景弘、定景、景茂の三代で廃城となった。 室町時代 長尾氏は、その後、景忠-景能-景為-景忠-景行(白井長尾氏・ 総社長尾氏の両家に分裂)と続く。

長尾政景(ながお・まさかげ) 1527~1564. 越後守護代長尾氏の一族で、越後国魚沼郡上田荘を根拠とした上田長尾氏の当主。長尾房長の子。通称は新五郎。越前守。魚沼郡坂戸城主。

長尾氏 長尾遠江守 (経連男)葦名一族 ・三浦隼人(長尾遠江守男)葦名一族 ・長尾帯刀(長尾遠江守男)葦名一族 長尾弾正忠義泰(経連男)葦名一族 長尾下野守(父坪下下野守)葦名家臣鉄炮大将 ・長尾新六(父下野守)葦名家臣旗本

「我が町長尾の歴史」講演記録4<長尾しらかし会>にて. 1996年2月: 三回目は、 長尾の山にある妙楽寺(あじさい寺)の薬師本尊像の胎内から出てきた文書で、この寺が鎌倉時代の威光寺の後進だと分かったことにからんで、その威光寺を建てたのはだれかを考えて、平安時代後期から鎌倉

関東管領・山内上杉氏の重臣が暮らした城跡 関東管領、山内上杉氏の重臣として栄えた長尾氏は、白井城を本拠にした白井長尾氏と、この蒼海(おうみ)城を本拠にする総社長尾氏の2派に分かれていたとさ

市来氏歴代の墓、禰寝氏累代の墓(初代~4代)、菱刈氏歴代の墓、 禰寝氏累代の墓(5代~16代)、建部一族佐多氏の墓、運慶の墓、 入来院氏歴代の墓、祁答院氏歴代の墓、蒲生一族歴代の墓、 川田氏累代の墓、川田堂園供養塔群、喜入氏累代の墓、

足利氏の宗廟の地「足利」 足利氏発祥の地 「足利」 は、室町幕府、鎌倉府のいずれにとっても疎かに出来ない本願地です。当初、鎌倉府の管轄地となって居た足利は、室町幕府、鎌倉府、上杉氏、長尾氏と統治者を変遷させてゆきます。

長尾満景が上杉禅秀の乱で戦死した後は下野 足利(現・栃木県 足利 市)に所領を得た。 一族には上野守護代で上野 国 白井の白井長尾氏、上野 国総社の総社長尾氏、越後守護代の越後長尾氏(当該項を参

(資料の説明) 太田郷という名称が出てきたことで、中世文書の中に出てきて、近江源氏の一族で鎌倉有力御家人、そして室町時代には近江の国の守護大名として栄えた佐々木氏が領有してきた「太田・渋子」郷の一部が長尾であったことがわかりました。

時代は、鎌倉時代末期から南北朝時代へ移る。宝治合戦で敗れた長尾氏だが、一族の中に僅かばかりの生き残りがいた。しかし、本領である長尾台を没収されたため、浪人の身である。 長尾景茂の孫である長尾景為(なが

三浦氏、鎌倉氏、長尾氏など祖。 当社由緒によると、奥州の豪族安倍氏征討のための 前九年、後三年の役に参加して戦死し、御霊の神号を得てのち、 神奈川鎌倉に御霊宮を建立して祀られ、長尾氏一族の氏

【上杉文華館「謙信を生んだ一族長尾氏 文化交流」】2017年度の上杉文華館は、昨年度に引き続き「謙信を生んだ一族・長尾氏」をテーマにゆかりの文化財、貴重な資料をご覧いただきたいと思います。

『 横浜市栄区長尾台に鎮座する御霊神社(ごりょうじんじゃ)は、長尾氏が祖先を奉斎した村岡村宮前御霊神社(940年頃の創建)の分霊を勧請したものである。 長尾氏は鎌』戸塚・いずみ野・港南台(神奈川県)旅行についてドクターキムルさんの旅行記です。

私は、長尾氏が、日本の製薬王を謳われていたころ、 若の花の後援会長をしていたことを、おぼえていた。 彼には、名横綱を尊敬させるような一面も、備えていたのだろう。 兄の死後十二年、昭和四十七年、長尾氏の只一人の妹、兄の妻が死去した。

また椎名氏被官の唐人(かろうど)兵庫大輔(式部)親広(武部兵庫正)が籠る小出城も陥落する。土肥一族の揖美(いうみ)庄助五郎が入るが背いたため、同九年に攻められ長尾小四郎景隆が置かれたという。

[PDF]

第一章 勧修寺流藤原氏 第Ⅰ部 上杉一族の鎌倉進出 11 10 同族としての 誼よしみ に期待したのであろう。 これに対し、惟孝・説孝の流れは次第に地位を下降させていった。

この地はその名の通り長尾氏発祥の地であり、そこにある御霊宮は長尾氏一門の祖先祭祀の中心であった。この事態に景仲ら長尾氏一族は激しく憤慨して成氏に激しく抗議したが、成氏側は返還には応じようとしなかった。

平塚城を道灌に攻められ一族滅亡させられた豊島氏の党主泰径が乱の首謀者、長尾景春の家臣、城代成田三河守が守る小机城に逃げ込んだのですが、その理由は小机城付近は長尾氏の勢力圏で鶴見川沿いを防衛拠点として相模国鎌倉を押さえ、関東北部の

[mixi]関東上杉氏/関東管領上杉一族 有名な上杉家家臣 関東管領上杉家。 その家臣団についてもっと知りたいと思うのですがいかがでしょう。 いまのところ有名どころとしては 太田道灌 長尾景春 長野業正 の名前が挙げられるのですが、他に有名なエピソードや事

長尾(ながお)一門衆、上田長尾(うえだながお)氏、山内上杉(やまのうちうえすぎ)氏または米沢上杉(よねざわうえすぎ)氏、出羽(でわ)米沢藩主。

佐貫城をめぐる論点としてもう1つ挙げられるのが、「総州佐貫」の長尾氏が存在した のかどうかという点です。一般的には、長尾氏を3つの流れに分けるなら越後長尾氏、

長尾城の城主は長尾氏であると伝えられているが、長尾氏については事歴が不肖であり、その存在そのものも明確には確認できない。 この形状からして、地元豪族の居館というよりも、戦時の陣城として築かれた砦のような印象を受ける。

勧修寺流藤原氏の一族。関東管領として東国の政務をしきる。戦国期は新興の北条氏の攻勢に耐え切れず、越後長尾氏に関東管領職を譲る。 上杉憲政: 36. 上州長野家: 在原業平を祖とする名族。

その際、上杉氏に謀反を起こした長尾氏に呼応した武将の一人が、武蔵の名族・豊島氏。その当主だった豊島泰経率いる豊島軍と、扇谷上杉氏の重臣・太田道灌がこの地で争ったとされます。

名称:久成寺宝塔 伝承など:長尾定景一族の墓 所在地:神奈川県鎌倉市植木 久成寺 鎌倉の久成寺は戦国時代の開基で比較的新しい寺院であるが、徳川家康から寺領を与えられたと言う格式を持つ。 境内には長尾定景一族の墓と称される石塔群があり、その中には戦国時代の宝塔が数基含まれ

「長尾氏」は、鎌倉権五郎景政を祖とする一族です。 景弘のときに相模国鎌倉郡長尾庄に住み、「長尾氏」を名乗ったといわれています。 長尾城は景弘の築城と伝えられています。

これに対して長尾氏方へ付いた長野業政は留守中の国峯城を奪って一族の小幡景定を城主とした。 永禄3年(1560年)武田信玄は小幡氏に信濃国大日向で五千貫を与え市川馬之助兄弟などの南牧地衆を付けた。

歴史: 永享の乱(1438~39)に関東管領上杉氏によって築かれたとされるが正確な築城年代は不明。 文明八(1476)年十二月、関東管領山内上杉氏の家宰職の相続をめぐり、長尾景春が武蔵鉢形城で挙兵し、翌文明九(1477)年正月、武蔵五十子城の上杉氏本陣を襲ってこれを敗走させた(長尾景春

兼ねてから、 北条氏 は頼朝の遺臣である三浦氏も亡ぼそうと、その機会をうかがっていました。 宝治元年三浦氏もその計略にはまり、三浦・長尾両氏一族 270 余人は頼朝公霊廟法華堂前で自害しました。 これを宝治の乱といいます。

谷畑氏の転向について、14区の中核である八尾市が、維新幹事長を務める大阪府の松井一郎知事のおひざ元だけに、「松井氏の大きな力が働いた

最近の投稿